野菜たっぷりパスタレシピー:パスタに使う”調味料”の【得】する秘密♪ - 種類たっぷり彩りパスタレシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜たっぷりパスタレシピー:パスタに使う”調味料”の【得】する秘密♪

野菜たっぷりパスタレシピー:に使う”調味料”の【得】する秘密♪

お塩の秘密
バジル5

パスタを茹でる時に、お塩を入れて麺を茹でるでしょ?
そんなお塩の秘密があるんだって。

小説家の車浮代さんの著書を読んでパスタで使われる、お塩の秘密がわかった!
みなさんも、知ってお得というか、面白いって思うから是非秘密を知ってみて!

サラリーマンの、”サラリー”って(給料)の語源がラテン語の「塩」であることは、
あんまり知られてないっていうか、私も知らなかった!
これは、古代ローマ時代、兵士の給料の一部がお塩で支払われていたためなんだって。

日本でも、平安時代の官吏の給料の一部はお塩で支払われていたそうです。

歴史的にも、塩を制する者が莫大な富を得てきました。
フランスのルイ王朝があれだけ豊かだったのは、お塩を独占していたからで、
「忠臣蔵」で有名な播州赤穂の浅野家が早々にお取り潰しになったのも、
幕府が「塩」の利権をほしかったのだという説があるそうです。

流通が発展した今は、「海がある限り、塩は無限にある」と
思われがちだけど、内陸部には当然お塩がなく、貴重なものでした。

「しおらしい」という言葉は、この語源が、山間部の窮状を
物語っているようです。

十分な塩が手に入らなかった山あいの家の女たちは、塩を持っていそうな
行商人に言い寄り、お塩を入手しました。
素人ゆえに、その近づき方はぎこちなく、この女はどうも塩が欲しいらしいが
「しおらしい」になり、可憐な従順な女性を指すようになったそうです。

「お塩」っていろいろな意味があったんだね?
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyasakyasa.blog91.fc2.com/tb.php/67-f05d6314

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。