震災後の生活復興制度 - 種類たっぷり彩りパスタレシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災後の生活復興制度

<罹災証明書>

被災からの成果宇野復興には、次の三つの段階が考えられる。


何よりも生命を守ることが優先です。

次の第二段階では、当面の生活を支えながら、
暮らしを立て直すために、様々な手続きを進める期間。
数カ月単位の時間を要するものです。

第3段階では、住宅再建をはじめとして、
従来の生活を取り戻していくことが中心となり、
およそ数年から10年間を要すると、目安を立てましょう!

この第2、第3段階では公的なものや民間のものも含め、
さまざまな支援制度があります。

どんな制度が利用でき、どの機関に対し、
正しく知っておく必要があります。

そして、できる限り速やかに手続きを開始することが大切です。

忘れてはならないのは、支援制度や減免制度の利用は、
あくまで「申請主義」であること。
つまり、制度を利用するためには、原則として
被災者側からの申し出が必要で、黙って待っているだけでは、
何も解決しません。

家屋に被害を受けた場合は、被災後の生活が少し落ち着いた
段階で、まず市町村に問い合わせて、罹災証明書の発行を
必ず申請しましょう。さらに、銀行や保険会社、信販会社
など、必要な機関への連絡も順次、もれなく行いましょう。


つづきは、明日のブログにかきます。。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyasakyasa.blog91.fc2.com/tb.php/31-e5436f63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。