パスタに使ういろんな種類の野菜の保存方法 - 種類たっぷり彩りパスタレシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスタに使ういろんな種類の野菜の保存方法

パスタに使ういろんな種類の野菜の保存方法

みんなが知ってそうで、知らない野菜の保存方法!

今日は長く保たせるための、野菜の保存方法を調べてみました。

野菜が安い時に、買いだめする時もあるかもしれません。

そんな時に便利だと思います。


1.トマトの保存方法

  トマトはジッパー付き保存バッグに入れます。
  へたを下にして野菜室に入れますが、
  重なった部分から傷んでくるので注意が必要です。
  
  1つずつペーパータオルに包んでから、
  ジッパーつき保存バッグに入れて下さい。
  
  冷やしすぎても傷みが早くなるので、
  必ず温度が高めの野菜室に入れてください。


2.玉ねぎの保存方法

  玉ねぎを冷暗所で保存します。湿気がこもると腐りやすくなるので、
  通気性の良い冷暗所で保存してください。

  冷蔵しなくてもよい野菜ですが、夏場や新玉ネギは腐りますので
  冷蔵庫の野菜室へ入れて下さい。


3.キャベツの保存方法  

  キャベツを、丸ごと保存する場合は、芯をくりぬきいてください。
  ぬらしたペーパータオルを詰めてジッパーつき保存バッグに入れます。
  芯を下にして野菜室で保存してくださ。

4.きのこ類の保存方法

  生しいたけは、石づきを取り、水気をよくふき取ります。
  軸のついていた方を上にしてジッパーつき保存バッグか
  密閉容器に入れて野菜室に保存してください。
  しめじは、そのままカサを上にして、しいたけと同様に保存します。

5.ほうれん草、小松菜の保存方法

  ほうれん草や、小松菜は、葉先を上にして立てて保存すると鮮度が落ちません。
  
  軽く霧吹きをしてから、ペーパータオルに包み、
  ジッパーつき保存バッグに入れて立てて野菜室で保存します。
  
  また、ジッパーつき保存バックごと牛乳パックやペットボトルなどに入れて保存すると、
  より安定します。

6.なすの保存方法

  茄子は冷暗所、または冷蔵で保存し、ポリ袋またはジッパーつき保存バッグに入れ、
  乾燥を防ぎながら通気もするように口の一部だけ開け、冷暗所で保存して下さい。

  夏場は冷蔵庫の野菜室に入れて下さい。
 冷やしすぎると傷みが早くなるので、必ず温度が高めの野菜室で保存してください。

7.にんじんの保存方法

  にんじんは、ペーパータオルに包み、ジッパーつき保存バッグに入れて野菜室で保存して下さい。

8.アスパラガスの保存方法
  アスパラガスは、鮮度が落ちやすいので早めに食べてください。
  ポリ袋等に入れ冷蔵庫の野菜室か冷蔵室で、立てて保存して下さい。

9.ズッキーニの保存方法

  ズッキーニは、高温を好みます。丸ごとなら常温保存可能です。
  切ったらラップして冷蔵庫の野菜室で保存して下さい。

10.にんにくの保存方法  
  にんにくは、ネットに入れ、風通しのいい日陰におくか、つるして下さい。
  暗い所に置くと芽が出やすいので冷蔵庫は避けて保存して下さい。

11.バジルの保存方法

  バジルは、水を入れたコップに差して、冷蔵庫で保存して下さい。

12.ピーマンの保存方法

  ピーマンは、水気は厳禁です。水気をよく拭いて、ジッパーつき保存バッグに入れ、
  冷蔵庫の野菜室で保存して下さい。

13.ブロッコリーの保存方法

  ジッパーつき保存バッグに入れ、冷暗所して下さい。(ブロッコリーは魚と同じ位、低温がいい。)


※「つねに常温以下で、太陽光線の当たらない場所」

<ポイント>
 
 ●ラップして、ジッパーつき保存パックにいれる

 ●葉物の野菜は葉先を上に

 ●水分を与えると活き活きするものと、逆に濡れた所から悪くなってしまうものもあるので注意!
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyasakyasa.blog91.fc2.com/tb.php/209-c691e595

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。